小型株を新しく定義!スクリーニングが捗る!【小型成長株集中投資】

スポンサー
 
フォローお願いします!

 

ブル
ブル

こんにちは!ブルです!

 

僕は「小型の成長株に集中投資」することを信条に日々精進しています!

今回はそのうちの「小型株」について話していきたいと思います。

 

小型株とは何か知っていますか?
株価が100円とかの安い株のことではありませんよ。

一株1万円なのに小型株もあれば、一株300円の大型株もあるのです。

あなたがどんな投資方針でも、小型株の特徴を知らないと不利なのは明らかです。
ぜひここで小型株についてマスターしましょう!

 

ブル
ブル

小型仲間が1人でも増えてくれたら嬉しいなぁ

 

スポンサー

小型株が広範囲すぎるから新しく定義する

 

一般論では小型株とは、時価総額や流動性が低い株とされています。
(時価総額とは発行株式数×株価です、ざっくり会社の大きさを表します。時価総額が大きければ大企業ということです。)

具体的に言うと、時価総額TOP100位の銘柄を大型株、101~400位を中型株、それ以外を小型株というそうです。

つまり、小型株は時価総額がTOP500以下銘柄全部なのです。

この一般的な定義では市場のほとんどが小型株となってしまい、優良な小型株を探すのが難しくなります。

 

そこで!
このブログでは、管理人ブルの独断と偏見により、小型株を新しく定義します!

「小型株とは東証1部以外の、売上高5億円以上で、時価総額300億円以下の銘柄である」

僕が小型株!と言ったら、一般論ではなくこのことを言っているので注意してください。

ブル
ブル

どうしてものときは東一でも可とか

500憶もOKにしてます。

小型株に投資するメリットは?

結論から言うと、小型株に投資をするメリットは株価が比較的上がりやすい!です。
詳しく見ていきましょう。

時価総額の伸びしろがある

時価総額の伸びしろがあるとは、会社成長の余地があるということです。
時価総額が上がると必ず株価が上昇します。(株価=時価総額÷発行株式数)

例えば
時価総額5000億円の会社が、6000億になるには、あと1000億円しか成長余地がありません。

300億円の小型株なら、それが5700億円も成長余地があります。

その会社が6000億円の会社になると仮定した場合、小型株のほうが伸びしろがあることがわかります。

そして、この伸びた分だけ株価が上がっていくのです。

2倍株を狙いやすい

時価総額3000億円の会社の株価が2倍になるには、6000億円にする必要があります。3000億円も会社が成長しなければ達成できません。

一方、300億円の小型株なら600億円に拡大させればいいので、会社成長は300億円で2倍達成となります。

同じ株価2倍でも、時価総額が大小で難易度が違ってきます。
小型株が大型株より2倍になりやすいイメージがわきましたね。

外的要因を受けにくい

大企業は事業をグローバルに展開しているため、どうしても世界情勢や為替の影響を受けて株価が上下してしまいます。

一方、小型株は時価総額300億円以下の比較的小さな会社です。
ほとんどが内需企業で大企業のように外的要因の悪影響も少なくなります。

ブル
ブル

為替とかそういうむずいのわかんない

小型株に投資するデメリットは?

小型株に投資するデメリットは、株価が不安定&まったく動かない!です。
詳しく見ていきましょう。

株価が不安定(個人投資家が多いから)

機関投資家は人のお金を運用しているので、冒険はできません。よって、なんでそんな小さい会社に投資したんだ!と言われないために、実力のある大企業に投資すると仮定します。

つまり、小型株はその性質上、個人投資家の割合がほとんどとなってしまいます。

個人投資家の割合が多くなると株価の値動きが激しくなり、不安定になります。
株価の不安定になると安心できず売ってしまったり、下がる前にと微益で売ってしまったりします。

株価が動かない(流動性&出来高が低いから)

小型株は大型株に比べて、大量の銘柄があります。
これはいいぞ!という銘柄を発見したつもりでも、だれも気付かない、もしくは評価されないということが起きます。一切見向きもされないことも珍しくありません。
そうなると株価がなかなか動かない場合があります。

ブル
ブル

お金と時間の無駄だな

サラリーマン投資家には小型株投資をおすすめしたい!

僕のようなサラリーマン投資家は皆、軍資金が少額です!!!

ブル
ブル

勝手に決めつけてみましたすいません♡

そんななかで安定した大企業に投資しても、大きなリターンは望めません。
大きく儲けたいと思っているのなら、株価が大きく跳ね上がる銘柄に投資する必要があります。

それは大企業ではなく小型株であることはおわかりいただけたと思います。
少ない金額で大きく儲けるためには、少なからずリスクは受け入れないといけません!

 

小型株に投資することの良し悪しをもう一度おさらいします。

メリット:成長余地がある。2倍株を狙いやすい。外的要因を受けにくい。
デメリット:株価が不安定。株価が動かない。

どう見てもバランスがあっていないと思うのは僕だけでしょうか?
メリットが強すぎます。

デメリット「株価が動かない」を解消する方法


それでも不安な方にデメリット「株価が動かない」を解消するアドバイスを。
これで弱点がひとつ減り、より小型株投資が強くなります。

「株価が動かない」を解消する方法は

買いたい銘柄は株価が動き出したら買うということです。

なんだそれ!って思った方すみません。ですがこれが本質だと思います。

動かないなら動くまで待てばいいのです。
チェックした銘柄を監視リストに入れて日々監視しましょう。

小型株といえども仕手株、ハコ株なんかは対象外となります。
あくまで成長株(割安株も可)である前提です。

「この動いた瞬間をどうとらえるか」はまた別の機会に書いていこうと思います。

ブル
ブル
動かぬなら動くまで待とう小型株

最後に

僕は小型成長株のうち「小型株」の部分はほぼこの条件でスクリーニングしてます
「成長株」の部分はいろいろと変化させて多くの銘柄と出会えるようにしています。

範囲が狭まると作業は楽ですが、大量の小型株の中からお宝さがしが楽しいんですよね!
急がば回れです!
さっそく小型株「東証一部以外、売上高5億以上、時価総額300億以下」でスクリーニングしてみましょう!

 

※これでスクリーニングして見つけた銘柄の一例はこちらです

シルバーエッグ・テクノロジー〈3961〉AIに妙味!【小型成長株集中投資】
シルバーエッグ・テクノロジー(3961)がなぜ好決算を出したのか。EC市場拡大だけが理由でなく、レコメンドエンジンの特徴も大きい。この記事はシルバーエッグの事業内容、業績、財務、トレンドなどを確認し、小型成長株なのかどうか検証していきます。

 

※小型成長株のスクリーニング法についてまとめました

【保存版】小型成長株スクリーニング法を紹介【小型成長株集中投資】
小型成長株のスクリーニング法(探し方)を紹介。小型株や成長株のスクリーニングって大量に銘柄が出て大変。小型成長株の探し方がわからない、探すのが苦手、銘柄探しがめんどうな方は必見。ブル流小型成長株スクリーニング法で原石銘柄を発見しましょう!

 

ブル
ブル

日本最大の投資家向け専門店
トレーダーズショップ
オニ本はじめ品揃えスゴイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました