第1節「あらゆる視界の状態における船舶の航法」まとめ【海上衝突予防法】

スポンサー
 
フォローお願いします!
ブル
ブル

こんにちは!ブルです!

 

今日は

海上衝突予防法

第2章「航法」

第1節「あらゆる視界の状態における船舶の航法」

をまとめていきたいと思います!!!

 

海上衝突予防法

第1章 「総則」(第1~3条)

第2章 「航法」

・第1節 あらゆる視界の状態における船舶の航法(第4~10条)←ここ!

・第2節 互いに他の船舶の視野の内にある船舶の航法(第11~18条)

・第3節 視界制限状態における船舶の航法(第19条)

第3章 「灯火及び形象物」(第20条~31条)

第4章 「音響信号及び発光信号」(第32~37条)

第5章 「補足」(第38~42条)

 

目次の通り、

「第1節 あらゆる視界の状態における船舶の航法」

は3つの節のひとつ目です。

航法の基本、本質の部分になるのでしっかり押さえましょう!

第1節あらゆる視界の状態における船舶の航法

ブル夫人
ブル夫人

さぁ頑張ってね!

第4条 適用船舶

まず、この節はどんな船に対して有効なのか?

それを知らなければ、この先に進んでも足元をすくわれることでしょう。。

ズバリ言ってしまうと、この節の適用船舶は、

「あらゆる視界の状態における船舶」

です。そんまま。

詳しくはこちら↓

第2章「航法」3つの節の落とし穴に注意【海上衝突予防法】
海技士、航海士をめざす上で避けては通れない海技試験。この法規の分野でまず一番最初に覚えるべき基本が「海上衝突予防法」です。今回は海上衝突予防法の第2章「航法」について解説。みなさんの筆記試験、口述試験の突破を祈ります!

 

第5条 見張り

これから始まる航法の一発目にくるということは、一番大事だということです。

見張りは船乗りの基本中の基本の仕事になります。

①何のために見張るのか

②どうやって見張るのか

③いつ見張るのか

この答えがわからなくては、航海士になれるはずがありません!

答えは、

①周囲の状況、衝突のおそれ

②視覚聴覚その時の状況に適したすべての手段

③常時

です。

詳しくはこちら↓

第5条「見張り」ワッチは船乗りの基本中の基本【海上衝突予防法】
海技士、航海士をめざす上で避けては通れない海技試験。この法規の分野でまず一番最初に覚えるべき基本が「海上衝突予防法」です。今回は海上衝突予防法の第2章「航法」のなかから、第5条「見張り」について解説。見張り(ワッチ)は航海士の基本中の基本です!みなさんの筆記試験、口述試験の突破を祈ります!

 

第6条 安全な速力

船は車と違って、基本的には法定速度が決められていません 。

スピードは自分で決めるのです。

とはいえ、危険な猛スピードではなく、

安全な速力で航行することが義務付けられています。

では「安全な速力」とは何か。

答えは、

・他の船舶との衝突を避けるための適切かつ有効な動作をとれること

・その時の状況に適した距離で停止できること

そんな速力です。

ちなみに、速力の決定については考慮すべき事項が12個あります。

詳しくはこちら↓

第6条「安全な速力」 法令速度はない!自分で決めろ!【海上衝突予防法】
海技士、航海士をめざす上で避けては通れない海技試験。この法規の分野でまず一番最初に覚えるべき基本が「海上衝突予防法」です。今回は海上衝突予防法の第2章「航法」のなかから、第6条「安全な速力」について解説。船は自分で船速を決めます。みなさんの筆記試験、口述試験の突破を祈ります!

 

第7条 衝突のおそれ

航海中、いくら周囲を見張っていても、

衝突のおそれがわからないと意味がありません。

どういう時に危ないのか、どういう船が衝突する可能性があるのか。

これらを意識しながら見張る必要がありますよね。

衝突のおそれがあるかどうかは、コンパス方位を測ることによって見極めます。

ブル
ブル

慣れてくると衝突のおそれがある船がぱっと見でわかる

(ただし、ちゃんと測るように!)

詳しくはこちら↓

第7条「衝突のおそれ」 方位が変わらないと衝突する!【海上衝突予防法】
海技士、航海士をめざす上で避けては通れない海技試験。この法規の分野でまず一番最初に覚えるべき基本が「海上衝突予防法」です。今回は海上衝突予防法の第2章「航法」のなかから、第7条「衝突のおそれ」について解説。コンパス方位の変化が重要。みなさんの筆記試験、口述試験の突破を祈ります!

 

第8条 衝突を避けるための動作

他船との衝突のおそれが判明したら、

衝突する前に、それを回避しなくてはいけません。

その回避術について記したのが、第8条「衝突を避けるための動作」です。

この回避動作こそ素人と熟練者の差が出てくるところです。

回避動作は「十分早めに、大きくはっきりと、ためらわずに」

ブル
ブル

実際の当直ではこれができない新米航海士が多い

実戦で非常に有効な条文です。

船橋に立ち衝突のおそれを感じながら、回避動作をするつもりで読んでみてください。

そうすれば必ず役に立つ時がきます!!

詳しくはこちら↓

第8条「衝突を避けるための動作」 余裕をもち、大きく、男らしく、寛大に【海上衝突予防法】
海技士、航海士をめざす上で避けては通れない海技試験。この法規の分野でまず一番最初に覚えるべき基本が「海上衝突予防法」です。今回は海上衝突予防法の第2章「航法」のなかから第8条「衝突を避けるための動作」について解説。みなさんの筆記試験、口述試験の突破を祈ります!

 

第9条 狭い狭水道

狭い水道等では原則右側通行です。

船の基本である左舷対左舷に則った形ですね!

 

また、ここからは少し具体的な話も始まってきます。

例えば、狭い水道等で動力船は帆船の進路を避けなければならない。 

です。

このように「誰々は誰々を避けるべし!」

というのは今後たくさん出てきますから、ひとつひとつ潰していきましょう。

 

そして、ひっかけ問題として海技試験で常連となっている「追越し信号」

狭い水道等での追越し信号=追い越したい信号

と覚えると覚えやすいですよ~ってなことも書いてあります。

ちなみに信号を具体的に言いますと、

右舷追越したい信号=長2短1(ーー・)
左舷追越したい信号=長2短2(ーー・・)

です!

詳しくはこちら↓

第9条「狭い水道等」 右側航行・追越したい信号・優先順位【海上衝突予防法】
海技士、航海士をめざす上で避けては通れない海技試験。この法規の分野でまず一番最初に覚えるべき基本が「海上衝突予防法」です。今回は海上衝突予防法の第2章「航法」のなかから第9条「狭い水道等」について解説。追越し信号ではなく、追い越したい信号です。みなさんの筆記試験、口述試験の突破を祈ります!

 

第10条 分離通航方式

この条をやるにあたって、あらかじめ知っておくべき「コツ」があります。

それは、分離通行方式は、みなさん馴染みのある「車道のルールに近い」ということです。

車道をイメージしながら読み進めていくことで、簡単に理解できるでしょう!

ブル
ブル

車の免許持ってるならいけるよ!

 

しかも!!

ほとんど第9条「狭い水道等」と同じ内容となっています。

なので、その難しそうな言葉とはうってかわって、覚えることはさほど難しくないでしょう。

 

そして!!

最後の最後の14項で、あなたは「まじかよ!」と思うことでしょう。。。

ブル
ブル

(・・・ないんかい!)

詳しくはこちら↓

第10条「分離通航方式」海上には見えない車線がある【海上衝突予防法】
海技士、航海士をめざす上で避けては通れない海技試験。法規の分野でまず一番最初に覚えるべき基本が「海上衝突予防法」です。今回は海上衝突予防法の第2章「航法」のから第10条「分離通航方式」を解説。陸でいうところの片側1車線の道路です。みなさんの筆記試験、口述試験の突破を祈ります!

 

まとめ

ということで!!

これにて航法の第1節「完」でございます!

 

あらゆる視界で適用されるということは、

航海中はずっとということです。

船橋に立っているつもりで何度も何度も読み、頭に叩き込みましょう!!

ブル
ブル

こちらは参考図書です。
クリックでAmazonに飛ぶよ。


 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました